公認会計士に魅力を感じることが出来るメリットなどについて知ることが出来るサイト ただ闇雲に公認会計士を目指すのではなく、なることによって得られるメリットについてもこのサイトで知っておくことはとても大事なことだと思います。 公認会計士

今から目指すという人が気になる公認会計士の一日はどのような流れなの?

公認会計士の一日の流れはどのようになっているのかこれから目指す人は気になりますよね。公認会計士の一日の流れについてここで

公認会計士の活躍の場所、就職先はどういったところになるのかを把握しておきましょう!

公認会計士として合格をして資格取得後はどこで活躍するのか気になりますね。就職先、活躍できる場所についてここでは見ていきま

公認会計士の試験に一発合格をするためにはそれまでに至る際の努力が超重要です

誰もが願うことは公認会計士の試験に一発合格できればいいということです。何度も受けなおすのではなくて、一発で合格することが

公認会計士になるための勉強法とはどういったものをするべきかは理解できていますか?

公認会計士はとても難易度が高い資格ですから勉強をしっかりとしなければいけません。どのように勉強をすればいいのかわからない人が多いですが、基本の勉強法について見ていきましょう。

■社会人が働きながら勉強をする
意外と多いのが社会人で働きながら勉強をするというケースです。働きながらでも目指すことができるのか、それは気になるところでしょう。社会人の人で受験する人は年々増えています。社会人の人は試験の条件をクリアできるのか心配でしょうけれど、まずは地道な勉強が必要です。

■四つの条件を踏まえた勉強法を
四つの条件を踏まえた勉強法をする必要があります。公認会計士試験に合格する、そして実務要件2年間をクリアする、補習所通学のための勉強、これは三年間になります。そして修了考査合格するための勉強。この四つをクリアしなければいけません。公認会計士試験合格、これが一番高いハードルでありこれが通らなければ次には勧めません。

■公認会計士試験のための勉強
公認会計士試験に合格するための勉強ですが、公認会計士試験、これは短答試験、論文試験の二つから成り立っています。短答試験は1年二二回あります。財務会計、管理会計、監査論、企業法の四教科の試験です。論文試験に関しては年に1回です。

会計学、監査論、企業法、租税法、選択科目の6つの科目から成り立っています。これらの試験に合格をするための勉強が必要ですが、これはとても大変な試験で1回で合格をするという人はほとんどないことで知られていますので、大変難しいことが特徴です。

公認会計士の試験はほかの資格試験に比べると本当に難易度が高い試験ですので、しっかりと勉強をした上で受験しなければ合格することは難しいでしょう。

▲PAGE TOP

公認会計士になるための勉強法とはどういったものをするべきかは理解できていますか?

公認会計士はとても難易度が高い資格ですから勉強をしっかりとしなければいけません。


Copyright© 2016年9月5日 公認会計士に魅力を感じることが出来るメリットなどについて知ることが出来るサイト
http://www.danielknorr.com All Rights Reserved.